婦人

プチ整形で二重にする┃メスをいれない整形

思春期の悩みを解消

微笑む女性

思春期になると気になるのが肌にできるにきびです。思春期にはホルモンバランスが乱れ、皮脂が多くなるため毛穴が詰まりやすくなり、にきびができやすい肌になってしまうのです。にきび治療には、美容整形外科に行くのが一番です。セルフケアをしようとしても、逆に肌に負担がかかってしまったり、跡が残ってしまったりするため、まずは美容整形外科に行くのが一番良いのです。関西にもたくさんあります。特に大阪には有名な美容整形外科が集中しています。関西で美容整形外科を探したい場合は、まず大阪に行くと良いです。大阪は関西の美の中心であり、関西中から優秀なお医者さんが集まっています。大阪には東京にも負けないきれいな医院がたくさんあり、またスタッフの対応力が高いところ、カウンセリングが丁寧なところなどがあるので、安心して施術を受けることが出来ます。

にきび治療において重要なのは、自分でにきびをつぶさないことです。にきびは毛穴の中に汚れがたまった状態なので、うみなどを外に出す必要があります。にきびの種類によっては、つぶすことが有効な治療方法になることもあります。しかし、自分でつぶすと、つぶした跡が残りやすく、またうみを出し切れないためにかえって症状が悪化する可能性があります。そこで、美容整形外科に行って、特殊な器具を使ってつぶしてもらうことがおすすめです。にきび治療の専門家は、時に熱を与えながらにきびの殺菌をします。熱を与えたまま、鋭利な針でにきびをつつき、中からうみを絞り出すのです。絞り出すときは芯がなくなるまで徹底的に引き上げます。他にもケミカルピーリング、ビタミン注射などでにきび治療を進めていきます。